- Acoustic living concert hall, Jiyugaoka -

今年も7月に月瀬ホールに登場するNEW YORKERSの、加野景子さん、カレン・ハコビアンさん。 2作目のCDが、昨年の1作目に引き続き、JAL国際線4月-5月プログラムに搭載されるとのこと!

今回のリサイタルでは、昨年末に日本音楽財団から貸与された、名器ストラディバリウス『ウィルヘルミ』(1725年製)で演奏する予定です。どうぞお楽しみに!

お問い合わせ・お申込みは、こちらのメールアドレスに。

 <月瀬ホール主催コンサート 2019>

click!

6月30日(日)  舘野泉・ヤンネ舘野デュオ・リサイタル in 自由が丘 --- お申込みはお早目に!
2019年6月は、舘野泉さんとご子息ヤンネさんとのデュオです。 前半のピアノ・ソロは、日本の心象による曲を集め、うち1曲が初演になります。後半のデュオは、2曲とも、委嘱作曲完成したばかりのもので、もちろん初演とのこと!
なお、フィンランドのラ・テンペスタ室内管弦楽団コンサート・マスターでもあるヤンネさんは、今年の5月には、同楽団とともに来日して、舘野泉さんとピアノ・コンチェルトを演奏する予定とのことです。
出演:舘野泉 (ピアノ) ヤンネ舘野(ヴァイオリン)
開演14:00 会費:5,000円(懇親会付)
曲目: 《ピアノソロ》 梶谷修:「風に波に鳥に」、「星に寄せて」(初演)、月足さおり:「雫(しずく)」、「風の彩(いろ)」
   《ヴァイオリンとピアノ》 久保禎:『5つの風景画』より(初演)、塚本一実:"PUNEUMA" (初演)

click!

7月15日(月・祝) THE NEW YORKERSリサイタル in 自由が丘
2019年7月は、昨年、自由が丘で初のリサイタルを開催したクラシックニューヨーク在住のデュオ、THE NEW YORKERSです。
今回のリサイタルでは、昨年末に日本音楽財団から貸与された、名器ストラディバリウス『ウィルヘルミ』(1725年製)で演奏する予定ですので、どうぞお楽しみに!
開演14:00 会費:4,500円(懇親会付)
出演: 加野景子(ヴァイオリン)  カレン・ハコビアン(ピアノ)
曲目: ストラヴィンスキー:イタリア組曲、ブラームス:ソナタ第2番、ガーシュイン:ポーギーとベス、プロコフィエフ:ソナタ第2番

click!

3月17日(日)舘野泉・安達真理デュオ・リサイタル in 自由が丘 は終了しました。満員御礼。
心に迫る左手のピアノ、優しさ溢れるトーク、舘野泉さんの魅力たっぷりのリサイタルでした。 安達真理さんのヴィオラも素晴らしく、素敵なデュエットでした。

2019年3月は、昨年、自由が丘で初のリサイタルを開催されたクラシック界のレジェンド、舘野泉さんが再び登場します。共演は、今注目のヴィオラの新星、安達真理さんです。 曲目はすべて舘野泉さんに捧げられたもので、うち2曲は、今回初演となります!
出演:舘野泉 (ピアノ) 安達真理(ヴィオラ)
開演14:00 会費:5,000円(懇親会付)
曲目:≪ピアノソロ≫一柳慧:FANTASIA 左手のために、久保禎:左手の祈り(初演)、 パブロ・エスカンデ:3つの俳句(初演)、 ノルドグレン:小泉八雲の『怪談』によるバラード「振袖火事」 ≪ヴィオラとピアノ≫ゴトリボヴィチ:ヴィオラ・ソナタ、谷川賢作:Sketch of Jazz3(全5曲)

click!

2月10日(日)松本望ピアノ・リサイタル は終了しました。満員御礼。
躍動感溢れるピアノ・ソロと、ち密なトリオのアンサンブルが素晴らしく、盛沢山のプログラムで楽しませて頂きました。

2019年2月は、今、合唱界で人気の作曲家・ピアニストの松本望さんのリサイタルです。 ソロ曲に加えて、今回は、気心の知れたお二人の賛助出演を得て、お得意の室内楽も演奏します。 オリジナル合唱曲のピアノトリオ版初演も、聴きものです。
出演:松本望 (ピアノ) 小池彩織(ヴァイオリン) 清水詩織(チェロ)
開演14:00 会費:4,500円(懇親会付)
曲目:ラフマニノフ: 前奏曲 嬰ハ短調 作品3−2『鐘』、ショパン:二つのノクターン 作品27、デュティユー:ピアノ・ソナタ、ラヴェル:ピアノ三重奏曲、松本望:ゆうやけ(2013)〜ピアノトリオ版初演

click!

1月20日(日) ニューイヤーコンサート2019 は終了しました。満員御礼。
華やかなフルートと、しっとりとしたフォーレ、そして情感豊かなメゾソプラノの歌曲。若い演奏家3人の素敵なコンサートでした。

月瀬ホール2019年ニューイヤーコンサートは、 メゾ・ソプラノ、それと、フルートとピアノの若い3人の演奏で、新年を華やかに祝います。 終演後は、新年最初の、出演者を交えての懇親パーティーもあります。是非どうぞご参加ください。

出演:北條加奈 (メゾ・ソプラノ) 鈴木美良乃(フルート) 川上夢呼(ピアノ)
開演14:00 会費:4,000円(懇親会付)

終了した、月瀬ホール主催・協賛コンサート(2018年)  <写真クリックで、演奏家のページにリンクします>   *2017年以前のコンサートはこちら*

click!

11月4日(日)  大村博美オペラ・アリアの夕べinTHE自由が丘---終了しました。満員御礼。
これぞ世界のプリマという歌声を間近で聴くことができて、ただただ感動。

急遽決定!この秋、世界で活躍するプリマドンナ、大村博美が月瀬ホールでお得意のオペラ・アリアを歌います。プライベート・コンサートですが、月瀬ホール特別協賛により、会員の皆様にご案内致します。
スケール感ある優れた音楽性と優美な演唱、数々の国際舞台で絶賛される名歌手の歌とお話を、目の前でご堪能ください。

click!

7月16日(月・祝) THE NEW YORKERS デビュー・リサイタルin自由が丘 ---終了しました。満員御礼。
現代ヴァイオリンが奏でる艶やかな歌と、柔らかな響きで支える巧みなピアノが素敵でした。

ニューヨーク在住の加野景子率いるTHE NEW YORKERSが、JAL国際線全ての今秋11月-12月プログラムへの登場に先立ち、今夏、自由が丘月瀬ホールにて、最も信頼するピアニストのカレン・ハコビアンとのデュオで先行デビュー・リサイタルを開催します。
出演:THE NEW YORKERS (加野景子:バイオリン、カレン・ハコビアン:ピアノ)
開演14:00 会費:4,500円(懇親会付)
曲目:バルトーク「ルーマニアン舞曲」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」、ドビュッシー「喜びの島」、 同「ヴァイオリン・ソナタ」、フランク「バイオリン・ソナタ」

click!

6月17日(日) 舘野泉&ヤンネ舘野デュオ・リサイタル ---終了しました。満員御礼。
ご来場の皆様、ありがとうございました。素晴らしい演奏、温かいヴァイオリンの音色。良い父の日でした。

クラシック界のレジェンド舘野泉が、感動の3月リサイタルに引き続き、生まれ育った自由が丘で、ご子息のヤンネ舘野とのデュオ・リサイタルを開催します。
開演14:00 会費:5,000円(懇親会付)
曲目:谷川賢作「Sketch of jazz II」、ピアソラー/啼鵬「タンゴとミロンガ」、光永浩一郎「オルフェウスの涙」、ほか

click!

5月27日(日) 内藤晃 レクチャーコンサート 「マズルカと、ショパンのポーランド」---終了しました。満員御礼。
ご来場の皆様、ありがとうございました。演奏だけでなく、興味深いレクチャーが好評でした。

開演14:00  会費:3,500円(懇親会付)
お話とピアノ:内藤晃、神谷悠生 ソプラノ:下澤明夜
曲目:<オール・ショパン・プログラム> マズルカより、歌曲より、ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調Op.44、 ピアノ協奏曲第2番ヘ短調Op.21(ピアノソロ版)より第3楽章 ほか

click!

3月25日 舘野泉ピアノ・リサイタル in 自由が丘 ---終了しました。満員御礼。
ご来場の皆様、ありがとうございました。感動のひとときでした。

開演14:00  会費: 5,000円(懇親会付)
曲目: バッハ-ブラームス「 シャコンヌ 二短調」、マグヌッソン「アイスランドの風景」*、池辺晋一郎「一枚の紙と5本のペン」*、光永浩一郎「サムライ」*、「オルフェウスの涙」*     (*舘野泉に捧ぐ)
-----------------------
曲目に一部変更がありました。

click!

2月17日(土)、18日(日) 蔵野蘭子 ソプラノ・リサイタル---終了しました。満員御礼。
17日、18日とも満席、大盛況のうちに終了致しました。ご来場ありがとうございました。

蔵野蘭子(ソプラノ) 共演:土屋友成(ピアノ)
開演14:00  会費: 17日4,000円(ドリンク付) 18日4,500円(懇親会付)
曲目:吉田進「色は匂へど」、ワーグナー「ヴェーゼンドンク歌曲集」、ブラームス「ジプシーの歌」、ビゼー「カルメン」より ハバネラ、他

*蔵野さんのワーグナー「ヴェーゼンドンク歌曲集」のCDが こちら で試聴できます。

click!

1月21日(日) ニュー・イヤー・コンサート2018 ---終了しました。満員御礼。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

黒岩悠・宮本ミサ ピアノ・デュオ・コンサート
開演14:00  会費:3,500円(懇親会付)
曲目: ショパン「ノクターン 作品27-1」、「ワルツ5番"大円舞曲"」、シマノフスキ変奏曲 変ロ短調 作品3」、スクリャービン「練習曲作品2-1」、「同作品8-12"悲愴"」、モーツァルト「4手のためのソナタ K.497」、「同K.381」、ほか

Copyright © 2017-2019 Tsukise Hall, All rights reserved.